7番ウッド(7W)おすすめ10選|飛距離や選び方、ユーティリティとの比較も解説

ギア情報

※当サイトのコンテンツには商品プロモーションが含まれている場合があります。

近年は7番ウッドを含むショートウッドを採用する方も増えています。

7番ウッドの採用によって、高弾道で飛距離の出るショットをミスなく打ちやすくなります。

同じ距離を打てるロングアイアンは苦手なアマチュアゴルファーが多いため、スコアアップの大きな武器となるはずです。

そこで本記事では、7番ウッドおすすめ10選や飛距離、ユーティリティとの比較などを解説しています。

「7番ウッドを使うべきか」「自分にピッタリのクラブはどれか」を確認して、スコアアップを目指しましょう。

現在はショートウッドを採用する方も多い

現在は、7番ウッドを含むショートウッドを展開するメーカーも増えています。

一時期は「男性なら3番アイアンで打つのが当たり前」「ショートウッドはシニアや女性が使うクラブ」と考える方もいました。

しかし、現在はトッププロでもショートウッドを採用するなど、年齢や性別に関わらず有力な選択肢となっています。

7番ウッドの採用のメリットは、プロよりもアマチュアゴルファーの方が大きいです。

ロングアイアンが苦手でも7番ウッドならミスに強く高弾道なボールを打ちやすくなるため、スコアアップの要因となるはずです。

フェアウェイウッドは5番まで」と考えていた方も、ぜひ7番ウッドの導入を検討してください。

7番ウッドのメリット

7番ウッドはロングアイアンやユーティリティと比較した複数のメリットがあります。

  • 高弾道のボールを打ちやすい
  • ロングアイアンよりもやさしく打てる
  • 初心者や非力なゴルファーでも飛距離を出しやすい

これらのメリットを最大限に活かせれば、コースメイクの幅が広がるでしょう。

高弾道のボールを打ちやすい

7番ウッドを含むショートウッドは、ロングアイアンやミドルアイアンよりも高弾道なショットを打ちやすいです。

フェアウェイウッドはヘッドが大きく重心も深いため、高い打ち出し角のショットを実現しやすい設計となっています。

ヘッドスピードに自信がなくても無理なくボールを上げられ、番手通りの飛距離を打ちやすくなります。

さらに、高弾道なショットだとグリーンでボールが止まりやすいので、グリーンオン率も高まるでしょう。

ロングアイアンよりもやさしく打てる

7番ウッドを含むショートウッドは、ロングアイアンよりもやさしくボールを打つことができます

ヘッドが大きいクラブは芯も広いためです。

打点にバラツキがあるアマチュアゴルファーでも安定したインパクトを実現できるでしょう。

また、7番ウッドは重心が深いモデルが多く、直進性も高いです。

幅広いソールが芝の上を滑り、極端なダフリを防止できる点もおすすめのポイントです。

初心者や非力なゴルファーでも飛距離を出しやすい

初心者や非力な方でも飛距離を出しやすい点が7番ウッドのおすすめのポイントです。

7番ウッドに近い飛距離を打てる番手は3番アイアンや4番アイアンです。

しかし、これらのクラブを設定通りの飛距離で安定して打てる方は決して多くありません。

ボールが上がらない」や「芯で打てない」などと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

しかし、7番ウッドならミスに強くボールも上がりやすいため、初心者や非力なゴルファーでも簡単に番手通りの飛距離を出しやすいです。

<strong>筆者のコメント</strong>
筆者のコメント

長めのセカンドショットやロングホールで飛距離を稼げれば、その後のマネジメントが楽になりますよ!

7番ウッドのデメリット

様々なメリットがある7番ウッドですが、ユーティリティやロングアイアンと比較したデメリットもあります。

  • モデル数が決して多くはない
  • アイアンやユーティリティほど操作性が良くない
  • 低弾道のショットを打ちにくい

それぞれのデメリットを詳しく解説します。

モデル数が決して多くはない

7番ウッドのモデル数は決して多くありません

特に、上級者やアスリート向けのモデルは5番までしか発売されていないケースがあります。

カスタムシャフトの選択肢も少なく、純正シャフトは硬めのモデルが少ないので、上級者やハードヒッターは自分に合ったモデルを選ぶのが大変かもしれません。

アイアンやユーティリティほど操作性が良くない

7番ウッドはロングアイアンやユーティリティほど操作性が高くありません

ヘッドサイズが大きく、フェースのコントロールがしにくいためです。

そのため「フェードやドローの打ち分けや高低差を出したい」と考えるゴルファーには向いていない可能性があります。

また、ボールが上がりやすいので、ライン出しを頻繁に使うゴルファーにもおすすめしません。

<strong>筆者のコメント</strong>
筆者のコメント

ただ、7番ウッドの距離で繊細な操作性を出したいゴルファーはかなりの上級者です!

アベレージゴルファーにとっては、寛容性や高弾道なショットを打てるメリットの方が大きいはずです!

低弾道のショットを打ちにくい

7番ウッドは高弾道のショットを打ちやすい一方で、低弾道のショットは打ちにくいです。

アゲインストやコースが狭いシチュエーションでは低いボールで攻めたい」と考えるゴルファーにはおすすめしません。

7番ウッドの飛距離

7番ウッドの飛距離は3番アイアンや4番アイアン、4番ユーティリティなどに相当します。

一般的なヘッドスピードのアマチュアゴルファーの場合は、180ヤード程度の飛距離が目安です。

ゴルフの飛距離は基本的にロフト角で決まり、7番ウッドは20~22度程度のモデルが多いです。

ただ、アイアンやユーティリティよりもクラブが長いため、同じロフト角なら7番ウッドの方が若干飛距離が出る特性があります。

7番ウッドとユーティリティ、どちらを選ぶべき?

3番・4番アイアンは難しいから7番ウッドや4番ユーティリティを入れたい」と考える場合は、以下の特徴を踏まえたクラブ選びがおすすめです。

まず、7番ウッドの大きなメリット3つを確認します。

①高弾道なボールを打ちやすい
②寛容性が高い

③初心者でもボールを飛ばしやすい

一方で以下の3点では、ユーティリティの方が優れているといえます。

①操作性の高さ
②低弾道のショットを打ちやすさ

③コンタクトのしやすさ

ユーティリティは7番ウッドよりも若干クラブが短いため、正確にコンタクトしやすいです。

ただ芯を外した際の寛容性は7番ウッドの方が高いので、以下の1つの目安としてはいかがでしょうか。

  • ドライバーが得意・初心者や非力なゴルファー:7番ウッド
  • アイアンが得意・操作性やラインの出しやすさも重視したい:ユーティリティ

7番ウッドの選び方

7番ウッドは様々なモデルが展開されており、各クラブで特徴が異なります。

自分に合ったモデルを選ぶためにも、以下のポイントを押さえたクラブ選びを行いましょう。

  • ロフト角
  • ヘッドの大きさ
  • シャフトの硬さ
  • 総重量

それぞれのポイントを詳しく解説します。

ロフト角

番手が同じでもモデルによってロフト角が異なります

7番ウッドの場合、20度~22度のモデルが多いです。

ロフト角が1度小さくなると飛距離が2.5ヤード程度伸びるため、前後のクラブの流れに合わせたロフト角のモデルを選択しましょう。

番手だけでクラブを選ぶと「ロフト角の差が小さく、飛距離が変わらない」などの事態になり得るため要注意です。

細かい飛距離の差を調整したい場合は、ロフト角の調整機能搭載のモデルがおすすめです。

ヘッドの大きさ

ヘッド体積もクラブ選びで重要な要素です。

ヘッド体積が大きいモデルは慣性モーメントが高い傾向にあり、直進性を出しやすいです。

ミスに強いモデルが欲しい」と考える場合はヘッド体積が大きめのモデルが有力な選択肢となります。

ヘッド体積が130cc~140cc程度だと小さめ、160cc~180cc程度だと大きめといえます。

ただ、ヘッド体積が大きいと、その分操作性を出しにくくなるため要注意です。

また、フェースターンがしにくくスライスが出る方もいます。

▼関連記事
ゴルフの「慣性モーメント」とは?自分に合ったドライバーを選ぶためのポイントを解説

シャフトの硬さ

ヘッドの性能は当然ですが、シャフトの硬さ(フレックス)も重要です。

シャフトが硬いと撓りを使えず「ボールが上がらない」「飛距離が伸びない」などの原因となります。

反対にシャフトが柔らかいと「ボールが左右に曲がる」などの事態が起こり得ます。

シャフトフレックス選びでは、以下の表を1つの基準としてはいかがでしょうか。

ドライバーのヘッドスピードゴルファーのレベルシャフトの硬さ
~34一般的な女性L
31~37一般的な女性 シニア男性等A
35~40シニア男性 上級者の女性等R
38~44上級者の女性
一般的な男性等
SR
41~50一般的な男性
力のある男性等
S
48~力のある男性
ドラコン選手等
X

ただ、シャフトの硬さは各メーカーによって異なり、個々のスイングタイプにも影響される点に留意してください。

総重量

他のウッドと異なるモデルを使う場合は、クラブの総重量にも着目しましょう。

フェアウェイウッドはドライバーよりも短いクラブです。

そのためドライバーより重量が若干重いモデルを選んで、スイングの感覚が大きく変わらないようにしましょう

重量が軽いとヘッドスピードは上がりやすいですが、スイングのバランスが崩れやすいです。

一方で重量が重いとヘッドスピードの低下や、スイングテンポが悪化する原因となるため要注意です。

7番ウッドおすすめ10選

3番ウッドや5番ウッドほどではありませんが、7番ウッドも各メーカーで様々なモデルが発売されています。

ここでは、7番ウッドおすすめ10選を解説します。

PARADYM Ai SMOKE MAX Dフェアウェイウッド【Callaway】

キャロウェイの「PARADYM Ai SMOKE MAX Dフェアウェイウッド」は適度なドローバイアス設計が魅力のフェアウェイウッド。同シリーズの「MAX FAST」に次いで高弾道・ドローバイアス設計のモデルとなっています。

最新のAiスマートフェースが採用されている点が特徴の1つ。どのような打ち方・ヘッドの入り方でもベストなボールスピードやスピン量、方向、打ち出し角になるように補正されます。

また、ヒール側にボリュームがあるので、つかまるイメージを持ってスイングに臨めるはずです。

実際に、前作よりも平均7ヤード以上もつかまりが良くなったというデータがあります。

同シリーズの「PARADYM Ai SMOKE MAX FAST」「PARADYM Ai SMOKE MAX」「PARADYM Ai SMOKE ◆◆◆」でも7番が展開されています。

公式ページPARADYM Ai SMOKE MAX Dフェアウェイウッド
メーカーCallaway
発売日2024年2月2日
ロフト角21.0度
ライ角59.0度
長さ42.0インチ
ヘッド体積145cc
総重量316g
※TENSEI 50 for Callaway(SR)3番の場合
シャフトTENSEI 50 for Callaway(R/SR/S)

G430 SFTフェアウェイウッド【PING】

ピンから発売の「G430 SFTフェアウェイウッド」はドローバイアス設計でつかまったボールを打ちやすいフェアウェイウッドです。

ヒール寄りの重心設計によって安定したつかまりを実現しています。

また、軽量カーボン採用による低重心設計によって、上下左右のブレを22%改善している点も魅力。

高い慣性モーメントでブレにくく、オフセンターでのショットでも最適なスピン量と弾道を実現できます。

同シリーズの「G430 MAXフェアウェイウッド」でも7番が展開されています。

公式ページG430 SFTフェアウェイウッド
メーカーPING
発売日2023年4月20日
ロフト角22度
ライ角59度
長さ42インチ
ヘッド体積166cc
総重量312g
ALTA J CB BLACK・R #5の場合
シャフトALTA J CB BLACK(R/SR/S)
PING TOUR 2.0 CHROME(R/S/X)
PING TOUR 2.0 BLACK(S/X)
FUJIKURA SPEEDER NX 35/45

Qi10 フェアウェイウッド【TaylorMade】

テーラーメイドの「Qi10 フェアウェイウッド」は、ヘッド前方・後方に余剰重量を配置した低重心化により、寛容性と高弾道・低スピンを実現したモデルです。

また、テーラーメイド独自技術の「ツイストフェース」により、インパクト時の弾道のバラつきを低減。飛距離と直進性を両立させています。

さらに、ソールに搭載した「貫通型スピードポケット」により、ミスヒット時の飛距離ダウンや過度なバックスピンを抑制。

Vスチールソール」によりラフからの振り抜きも良くなり、フェース上部の「レーザーアライメント」によってアドレス時の構えやすさも向上しています。

なお、同じシリーズの「Qi10 Max フェアウェイウッド」でも7番が展開されています。

公式ページQi10 フェアウェイウッド
メーカーTaylorMade
発売日2024年2月2日
ロフト角21度
ライ角58度
長さ41.75インチ
ヘッド体積175cc
総重量約316g
※Diamana BLUE TM50(SR) #3の場合
シャフトDiamana BLUE TM50(R/SR/S)
Tour AD VF-6(S)
SPEEDER NX BLACK 60(S)
DiamanaWB 63(S)

TSR1 Fairway Metal【Titleist】

タイトリストから発売の「TSR1 Fairway Metal」は最適化された軽量設計が特徴のフェアウェイウッド。軽量のため力強いスイングが可能となります。

オープンホーゼル構造により、ヒールの高い部分にある不要な重量を除去。深・低重心化により、高い許容性と高い打ち出し角を実現している点がおすすめのポイントです。

さらに膨大なプレーヤーテストによって、安心感のあるヘッド形状や心地よい打感・打音を実現。

同シリーズの「TSR2」もロフト角21度で7番ウッドを展開しています。

公式ページTSR1 Fairway Metal
メーカーTitleist
発売日2023年2月23日
ロフト角20度
ライ角58度
長さ41.5インチ
ヘッド体積
総重量303g
シャフトTSP120(L/R/SR/S)

RS フェアウェイウッド【PRGR】

プロギアの「RS フェアウェイウッド」は重心点をフェースセンターに近付けた設計が特徴のフェアウェイウッド。

また、高強度マレージングフェースの下部を限界まで薄肉化しており、実打点での初速向上に貢献しています。

さらに、低・浅重心の設計によって、低スピン・強弾道を両立。フェースアングルもオープン設計になっているため、左へのミスが気になる中級者・上級者にもおすすめです。

公式ページRS フェアウェイウッド
メーカーPRGR
発売日2022年7月22日
ロフト角21度
ライ角58度
長さ42インチ
ヘッド体積158cc
総重量327g
※SR (M-40)の場合
シャフトDiamana for PRGR(R/SR/S)

B2HT フェアウェイウッド【BRIDGESTONE】

ブリヂストンの「B2HT フェアウェイウッド」は、つかまり+高弾道が魅力のフェアウェイウッドです。

ヒールに8gのウェイトを設置して、つかまりの良さを実現。

また、フェースの裏に配置されたサスペンションコアによってヒール・トゥの反発性能が向上。許容性が向上し、飛距離ロスを防止します。

さらに、フェースの「スリップレスバイトミーリング」によってインパクトでボールをしっかりと捕え、過度なスピンを抑制。高い直進性を発揮します。

同シリーズの「B3MAX フェアウェイウッド」でも7番が展開されています。

公式ページB2HT フェアウェイウッド
メーカーBRIDGESTONE
発売日2023年9月8日
ロフト角21度
ライ角60度
長さ42.0インチ
ヘッド体積138cc
総重量306g
※SPEEDER NX BS40wの場合
シャフトVANQUISH BS50 シャフト(R/SR/S)
SPEEDER NX BS40w
TENSEI Pro Blue 1K 50
SPEEDER NX BLACK 50

FAIRWAY ARMS AKA【ONOFF】

オノフから発売されている「FAIRWAY ARMS AKA」は「全芯主義」を掲げるフェアウェイウッドです。

クラウンの肉薄化による低重心化を図りながら、アベレージゴルファーのスイング合わせて番手別に最適化したヘッド重心を実現。

大きな重心アングルと深重心によってアベレージゴルファーが高弾道で真っすぐ飛ばせるモデルとなりました

また、高初速エリアを大幅に拡大するカップフェースや、AKA専用設計のパワートレンチも高い飛距離性能と寛容性を実現する要因です。

さらに、ダフっても地面に刺さらずに安定したヘッド挙動を生み出す2本のレールも、アマチュアゴルファーにおすすめのポイントです。

公式ページFAIRWAY ARMS AKA
メーカーONOFF
発売日2024年3月9日
ロフト角21度
ライ角59度
長さ41インチ
ヘッド体積162cc
総重量321g
※シャフトSの場合
シャフトSMOOTH KICK MP-524F
LABOSPEC HASHIRI:30
LABOSPEC HASHIRI:f30(R/S)
LABOSPEC HASHIRI:50 CBT
LABOSPEC HASHIRI:60 CBT
LABOSPEC SHINARI:50 CBT(S)
LABOSPEC SHINARI:60 CBT(S)
LABOSPEC TATAKI:30
LABOSPEC TATAKI:f50(SR/S)
LABOSPEC TATAKI:40(SR/S)
LABOSPEC TATAKI:50 CBT(S)
LABOSPEC TATAKI:60 CBT(S)

FX-002【FOURTEEN】

フォーティーンから発売の「FX-002」はショートウッドとユーティリティのメリットを両立させたモデルとなっています。

ヘッド形状はウッドのように幅広で、高い慣性モーメントによる寛容性を発揮。

一方でネック形状はユーティリティのようにセミグースとなっており、過度なスピンを抑えたライン出しも実現可能です。

ショートウッドだと球が吹き上がりすぎるといったゴルファーにもおすすめの一本です。

公式ページFX-002
メーカーFOURTEEN
発売日2021年9月16日
ロフト角20度
ライ角58.5度
長さ41.5インチ
ヘッド体積
総重量315g
※FT-40fの場合
シャフトFT-40f
FT-50f

EZONE GT Fairway wood【YONEX】

ヨネックスの「EZONE GT Fairway wood」は撓んで弾く強靭フェースが魅力のフェアウェイウッドです。

高強度で反発性能に優れた「鍛造マイティマレージングL字フェース」の採用によって、高い反発性能と好打感を実現。

また、グラウンドから球を拾い上げるアイテムを搭載し、フェース下部の弾き性能も向上させています。

徹底した低重心化モデリングが施されている点もおすすめのポイントです。

公式ページEZONE GT Fairway wood
メーカーYONEX
発売日2022年3月11日
ロフト角21度
ライ角59度
長さ42.25インチ
ヘッド体積130cc
総重量319g
※シャフトフレックスSRの場合
シャフトRK-03GT

AF-257【EPON】

エポンから発売の「AF-257」は、前モデルよりも重心距離を短く設定してつかまりやすさが向上しました。

フルチタン製である点も特徴で、弾き感のある打感を味わえます。

計8通りのポジションセッティングによってフェースアングルを-1度~+1度まで、ライ角を+2度まで変えられる設計である点もおすすめのポイント。

オプションウェイトによる重量可変機能も搭載されているため、細かいセッティングを行いたいゴルファーにもおすすめです。

公式ページAF-257
メーカーEPON
発売日2024年5月30日
ロフト角22度
ライ角60.0度
長さ42.0インチ
ヘッド体積156cc
総重量326g
※DEAD OR ALIVE 月光 G55(S)の場合
シャフトDEAD OR ALIVE 月光 G55(S)

まとめ

今回は7番ウッドおすすめ10選や飛距離、メリット・デメリットなどを解説しました。

近年採用しているゴルファーが増加中の7番ウッドには、以下のようなメリットがあります。

  • 高弾道なボールを打てる
  • 寛容性が高い
  • 初心者でも飛距離を出しやすい

操作性や商品ラインナップの面ではユーティリティやアイアンに劣りますが、スコアアップの大きな武器となるはずです。

一言で7番ウッドといっても様々なモデルが発売されているため、自分に合った1本を見つけてください。

また、7番ウッドを気に入ったら9番ウッドの採用もおすすめです。

おすすめの9番ウッドは「9番ウッドおすすめ10選|飛距離やメリット、選び方、ユーティリティとの比較も解説」で詳しくご紹介しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました