ギア情報

ギア情報

【2024年】7番ユーティリティ(UT)おすすめ10選|飛距離や使い方、選び方も解説!

今回は7番ユーティリティおすすめ10選や飛距離、使い方などを解説しています。アイアンよりも簡単にボールが上がりミスに強い7番ユーティリティは、現在注目を浴びているクラブの1つです。140~160ヤードの距離でも安定してグリーンを狙っていけるためスコアアップの要因となるでしょう。各メーカーで様々なモデルが発売されているので、自分に合った1本を選んでくださいね。
ギア情報

【2024年】ゴルフのチッパーおすすめ15選|打ち方や選び方、メリットも紹介!

グリーン周りのアプローチでダフリやシャンクといったミスが出てしまう方はチッパーの採用もおすすめです。チッパーを使えばパターのような打ち方でアプローチができるため、ミスショットの確率を大幅に抑えられます。また、一言でチッパーといってもヘッド形状やロフト角が様々なので、各メーカーのモデルを比較して自分に合った1本を見つけてください。
ギア情報

【ゴルフ】目土袋おすすめ15選|ボトル型・バッグ型別に紹介!

今回はゴルフ目土袋おすすめ15選を紹介しています。目土袋は大きくバッグ型とボトル型に分かれており、それぞれ特徴は異なります。また、各メーカーで様々なデザインや価格のアイテムが販売されているため、自分に合ったアイテムを見つけましょう。
ギア情報

9番ウッドおすすめ10選|飛距離やメリット、選び方、ユーティリティとの比較も解説

ミドルアイアンが苦手なゴルファーは9番ウッドの採用もおすすめです。ボールが簡単に上がり、ミスにも強い9番ウッドは、アマチュアゴルファーのスコアアップに大きく貢献するでしょう。本記事では、9番ウッドおすすめ10選やメリット、ユーティリティとの比較などを解説しているため、ぜひご覧ください。
ギア情報

64度のウェッジおすすめ9選|難しい?飛距離やバンカーでの打ち方、選び方を解説!

64度のウェッジは、ロブショットやバンカー脱出を目的にしている方にとって有力な選択肢になる可能性を秘めています。販売されているモデル数は決して多くありませんが、メジャーなメーカーのモデルやお助けウェッジも展開されているため、自分にピッタリの1本を見つけてください。
ギア情報

ドルフィンウェッジがおすすめの理由とは│ダサい?主なモデルや評判も紹介!

ショートゲームが苦手なゴルフ初心者~中級者は「ドルフィンウェッジ」がおすすめ。独自の様々な設計によって、バンカー・アプローチから一発で脱出できる性能となっています。また、一言でドルフィンウェッジといっても、様々なモデルが展開されているため、自分にピッタリの1本を見つけましょう。
ギア情報

アイアン型ユーティリティ(UT)おすすめ15選|ウッド型との違いや飛距離、選び方も解説

今回はアイアン型ユーティリティおすすめ15選やウッド型との比較、選び方などを解説しています。アイアン型UTはミドル・ロングアイアンよりも寛容性が高く、ウッド型UTよりも操作性を出せます。自分に合った一本を選べれば、コースマネジメントの幅が広がるため、ぜひご覧ください。
ギア情報

7番ウッド(7W)おすすめ10選|飛距離や選び方、ユーティリティとの比較も解説

本記事では7番ウッドおすすめ10選や飛距離、メリット・デメリットなどを解説しています。7番ウッドの採用によって、高弾道なショットを高い寛容性の下で実現できます。自分に合ったモデルを選べればスコアアップにも繋がるため、ぜひ自分にピッタリの1本を見つけてください。
ギア情報

【ゴルフ】46度のウェッジおすすめ10選|飛距離やメリット、向いているゴルファーも解説

本記事では46度のウェッジおすすめ10選や飛距離、選び方などを解説しています。46度のウェッジはストロングロフトのモデルを使っている方だけでなく、PWの距離をウェッジの感覚で打ちたい方にもおすすめです。自分に合ったモデルを選べればスコアアップの大きな武器にもなるため、ぜひご覧ください。
ギア情報

48度のウェッジおすすめ15選|選び方やおすすめのゴルファーも解説

今回はゴルフの48度のウェッジおすすめ15選を解説しています。ストロングロフトのアイアンが増えている現在において、48度のウェッジの選択は非常に有効です。また、PWの距離を寄せるイメージで打ちたい上級者にもおすすめのクラブです。本記事では48度のウェッジの選び方も解説しているため、ぜひご覧ください。
タイトルとURLをコピーしました