ウェッジ

ギア情報

64度のウェッジおすすめ9選|難しい?飛距離やバンカーでの打ち方、選び方を解説!

64度のウェッジは、ロブショットやバンカー脱出を目的にしている方にとって有力な選択肢になる可能性を秘めています。販売されているモデル数は決して多くありませんが、メジャーなメーカーのモデルやお助けウェッジも展開されているため、自分にピッタリの1本を見つけてください。
ギア情報

ドルフィンウェッジがおすすめの理由とは│ダサい?主なモデルや評判も紹介!

ショートゲームが苦手なゴルフ初心者~中級者は「ドルフィンウェッジ」がおすすめ。独自の様々な設計によって、バンカー・アプローチから一発で脱出できる性能となっています。また、一言でドルフィンウェッジといっても、様々なモデルが展開されているため、自分にピッタリの1本を見つけましょう。
ギア情報

【ゴルフ】46度のウェッジおすすめ10選|飛距離やメリット、向いているゴルファーも解説

本記事では46度のウェッジおすすめ10選や飛距離、選び方などを解説しています。46度のウェッジはストロングロフトのモデルを使っている方だけでなく、PWの距離をウェッジの感覚で打ちたい方にもおすすめです。自分に合ったモデルを選べればスコアアップの大きな武器にもなるため、ぜひご覧ください。
ギア情報

48度のウェッジおすすめ15選|選び方やおすすめのゴルファーも解説

今回はゴルフの48度のウェッジおすすめ15選を解説しています。ストロングロフトのアイアンが増えている現在において、48度のウェッジの選択は非常に有効です。また、PWの距離を寄せるイメージで打ちたい上級者にもおすすめのクラブです。本記事では48度のウェッジの選び方も解説しているため、ぜひご覧ください。
上達法 

ゴルフ初心者にロブウェッジはいらない?不要な理由やメリット、おすすめゴルファーを解説

本記事ではゴルフ初心者にロブウェッジはいらない理由や導入のメリットなどを解説しています。ロブウェッジを入れれば様々な場面でショットの選択肢が広がります。しかしミスが出やすいため、使いこなすにはかなりの練習が必要と言えるでしょう。「自分がロブウェッジを入れるべきか」と悩んでいる方はぜひご覧ください。
上達法 

ゴルフのウェッジの本数は2本?3本?アマチュアにとって最適なセッティングとは

近年のプロゴルフにおいて、ウェッジを3本セッティングしているケースが数多く見られます。このウェッジを3本入れるセッティングはアマチュアゴルファーにとっても大きなメリットとなるのです。当記事では「アマチュアゴルファーはウェッジを何本入れるべきか」「どの組み合わせでセッティングするべきか」を解説しているため、是非ご覧ください。
ギア情報

【2024年】バンカーが簡単になるサンドウェッジおすすめ10選|選び方や専用ウェッジも紹介

バンカーショットはゴルフで最も苦手意識を持たれているショットの1つです。しかし、ウェッジを変えるだけで驚くほどバンカーショットに変化が出ることも少なくありません。そこで、当記事ではバンカーショットが簡単になるウェッジの選び方や、おすすめウェッジの紹介を行っているため、ぜひ参考にしてください。
タイトルとURLをコピーしました